クレジットカード現金化の違法性について

安心・安全な業者を選んで頂く為に

クレジットカード現金化の需要はいつ頃から?

クレジットカード現金化の需要は約20年前頃からあります。インターネットが本格的に普及し始めたのは1995年代頃で、それまでは新聞の広告や駐車場などに貼り看板などをして集客していたそうです。今ではクレジットカード現金化を知らない人の方が少ないと思われますが、20年前に看板や新聞の広告などを見てなんか怪しくて怖いなーなんて思われた方もいるのではないでしょうか?

悪質な現金化業者は実際に存在するの?

インターネットの普及に伴い、不正に取引をする現金化業者も少なからず存在していたのも事実です。今は誠実な取引をする業者の方が多いですが、ありもしない換金率を表示しておいて、登録料や手数料などが差し引かれて、最初は90%って言っていたのに実際は50~60%まで下げられてしまう。今でもそのような業者もありますので、ご利用の際には、ご注意してください。

キャッシュバック型の現金化は違法性が高い!

キャッシュバック型の現金化業者は資金業や古物商の許可を取らず無店舗で営業しているケースが多く出資法違反で摘発される可能性があります。過去にも出資法違反の疑いで摘発されたケースもあります。その点、買取り型のクレジットカード現金化に関しては、ショッピング枠の範囲以内でお買い物をして、業者に買い取ってもらう。いわゆる質屋に近い存在ですので違法性はありませんので安心して利用することができます。

Copyright(c) 2013 Amazonギフト券の高価買取【信頼できる優良店情報】. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com